Welcome Guest 
Login
Username:

Password:


Lost Password?

Register now!
サイト内検索
Main Menu
Site Info
Webmasters

m-naka
 


Who's Online
2 user(s) are online (2 user(s) are browsing MyWorks(記事))

Members: 0
Guests: 2

more...
Themes

(2 themes)
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
MyWorks(記事) > モバイル日記 > SmartiaのVPN機能をSSH Tunnelで代替
SmartiaのVPN機能をSSH Tunnelで代替
Published by M-naka on 2011/10/15 (2355 reads)
■AndroidデフォルトのL2TP/IPsecがカーネルレベルで切られている
■OpenVPNを起動させると無限再起動ループに陥る

と、VPN機能に関しては正直Smartiaは散々である。PPTPは使えるものの、セキュリティレベルが微妙なPPTPを使うのは実に今更な気がする。

SSH Tunnelという、サービス起動してSSHトンネルを張ってくれるAndroidアプリを見つけたので、ひとまずこれを入れて代用することにした。

使い方は簡単で、OpenSSH秘密鍵ファイルを持ってきてSSHの一般的な設定をするだけ。サービス起動をオンにしておけば、ネットワーク接続を検出して自動的にSSHトンネルを張ってくれる。

VPNとの違いは「あくまでポートレベルでのフォワードである」こと。自宅LANのプライベートIPアドレスを打ち込むだけでは通信ができない。ポート単位で転送元−転送先のトンネル設定が必要。ここはSOCKSである程度カバーできそうだが、それでも使い勝手の部分ではVPNよりも一段劣るのは否めない。

ただ、タブレット端末であるSmartiaは「インターネットビューア」として使っているので、常時VPNを張って自宅と遣り取り……というシチュエーションは正直あまり発生していないので、SSH TunnelでポートレベルでのVPN相当機能が使えれば十分な気がする。

Navigate through the articles
Previous article 田舎でWiMAX 待てば海路の日和あり Next article
The comments are owned by the poster. We aren't responsible for their content.
XOOPS Cube PROJECT
Powered by Mythril Networks © 2003-2022 The Mythril Networks Project