Welcome Guest 
Login
Username:

Password:


Lost Password?

Register now!
サイト内検索
Main Menu
Site Info
Webmasters

m-naka
 


Who's Online
1 user(s) are online (1 user(s) are browsing MyWorks(記事))

Members: 0
Guests: 1

more...
Themes

(2 themes)
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
田舎でWiMAX
Published by M-naka on 2012/4/30 (2390 reads)
連休で長野市の端にある別宅に滞在中。

で、ここ、普段は無人なので固定回線を引いていない。昨年からb-mobile U300を使って低速3G回線を使うようにしていたが、如何せん実効で200kbps弱となかなかツライものがある。

以前からUQ WiMAXにエリア拡大要望を再三出し、今回何とか使える状態になった。

母屋の二階の窓際にWiMAXルータをぶら下げると、何とかリンクアップする程度、と、室内どこでもOK、という条件とはかなり異なる。母屋の二階は普段は立ち入らないため、適当に据え置いても問題はない。滞在時のみ以下のようすることにした。

・カーテンレールにWiMAXルータをぶら下げる
・電源コードを這わせ(5m程度)、常時電力供給を行えるようにする
・WiMAXルータのオートパワーオフを無効にする(常時オン化)
・WiMAXルータの無線LANの電波強度を100%にする(いつもは12.5%)

要はWiMAXルータを固定AP化するという内容。幸い別宅は木造なので無線LANの電波強度を100%にすれば、リビングや寝室でも問題なくインターネットアクセスが可能になる。

測ってみたら実効で下り3Mbps程度とパフォーマンスは申し分ない。別宅でここまでの速度が出るのは初めてで、ちょっと感激。b-mobileは両親だけ滞在時のみ使ってもらえばよい。

下り3Mbps出るので、圧縮プロキシなしでのWebブラウズだけではなく、リモートデスクトップやiSCSIも余裕で使える。長期滞在時も安心である。

Navigate through the articles
Previous article 携帯電話関係の見直し SmartiaのVPN機能をSSH Tunnelで代替 Next article
The comments are owned by the poster. We aren't responsible for their content.
XOOPS Cube PROJECT
Powered by Mythril Networks © 2003-2022 The Mythril Networks Project