Welcome Guest 
Login
Username:

Password:


Lost Password?

Register now!
サイト内検索
Main Menu
Site Info
Webmasters

m-naka
 


Who's Online
4 user(s) are online (1 user(s) are browsing MyWorks(記事))

Members: 0
Guests: 4

more...
Themes

(2 themes)
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
■200402ログ■
Published by M-naka on 2004/3/6 (1885 reads)
2004年2月のサーバ管理記録。

■サーバ管理日記■

管理履歴:
 20040208:/varディレクトリのメンテナンス
 
20040207:【激闘】PC9821のPPTP-VPNゲートウェイ化

過去ログ:2004年1月 2003年12月 2003年11月 2003年10月 2003年9月 
      
2003年8月 2003年7月  2003年6月  2003年5月  2003年4月

 

2004年2月8日(日)

/varディレクトリのメンテナンス

 Omoikaneでのメール送受信ができなくなっちゃって。

 エラーメッセージは「ストレージ容量が足りません」。確かにvarディレクトリの使用率はほぼ100%、でも原因がいまいち判らない。ログが大量に滞留していたわけではないし。んで、

#ls -laSR /var

で原因追求。結果、aptコマンドでダウンロードしたRPMパッケージが大量に残っていることが判明。

#apt-get clean

でそれらのキャッシュファイルを一掃。/varの使用率は33%に……って、滞留RPMで/varの2/3が使われていたってことかよ。

 

2004年2月7日(土)

【激闘】PC9821のPPTP-VPNゲートウェイ化

 うぃ〜、大変だったよ。

 某所より頂いた1997年製PC9821にPlamo Linux(98)をインストールし、その上でPPTPサーバ化する、というコトを年暮れからずっとやってたわけで。何だかんだで3ヶ月くらいかかったか。

 プラットフォームが違っても同じLinuxが走ってりゃ簡単にできる、と思っていたらそうでもなく。いやむしろスゲェ苦労したし。OmoikaneにPPTPサーバ機能を実装したときにはあっさりできたんだけどなぁ。RPMを使えるかどうか(Vineは使えるがPlamoは使えない)は実は大した問題じゃなかった。

 

1.Plamo Linux(98) 3.3のインストール

 インストール自体は特に問題なく。PC98用のインストールフロッピーを2枚作り、PC/AT互換機用インストールCD-ROM(Linux Magazine付属)を準備し、フロッピー起動→CD-ROMインストール。ブートローダとしてGRUB98をハードディスクのMBR(Master Boot Record)にインストールする。

 

2.必要なパッケージの準備

 最終的にインストールしたパッケージは以下の通り。

ppp-2.4.2_cvs_20030610.tar.gz
pptpd-1.1.3.tar.gz

この2つだけ。

 

3.カーネルの再構築

 PPTPで使う暗号化方式「MPPE」に現行のLinuxカーネルはデフォルトでは対応していないので、パッチを当てて再構築の必要がある。また、カーネルはPC98用にカスタマイズしなければいけないので、PC98用カーネルパッチも当てなければならない。前者はppp-ppp-2.4.2_cvs_20030610.tar.gzの中にあるlinux/mppe/mppeinstall.shで、後者は/usr/srcにあるplamo98-2.4.22-diff.bz2である。

 予めPlamo LinuxのCD-ROMよりカーネルソース「kernsrc.tgz」をインストールしておき、/usr/src/linuxに移動。然る後、

#bzcat plamo98-2.4.22-diff.bz2 | patch -p1
#sh <解凍ディレクトリ>/ppp-2.4.2_cvs_20030610/linux/mppe/mppeinstall.sh /usr/src/linux
#make menuconfig

「Network Device Option」のPPPの欄にMPPEの項目ができるので、モジュールフラグを立てる。他、

Enable loadable module support
Networking support
Unix domain sockets
TCP/IP networking
Network packet filtering(replace ipchains)
IP:Netfilter Configuration

にフラグを立てる。あとは

#make dep; make clean; make bzImage
#make modules; make modules_install
#depmod -a
#cp arch/i386/boot/bzImage /vmlinuz.new

でカーネルの再構築は完了。GRUBでvmlinuz.newで起動するように/boot/grub/menu.lstを修正。

 

4.PPPとPPTPDのインストール

  それぞれ解凍して./configure、make、make installするだけ。

 

5./etc/modules.conf

 以下を追記。

alias /dev/ppp
alias ppp
alias char-major-108
alias tty-ldisc-3
alias tty-ldisc-13
alias tty-ldisc-14
alias ppp-compress-18
alias ppp-compress-21
alias ppp-compress-24
alias ppp-compress-26
alias net-pf-47
ppp_generic
ppp_generic
ppp
ppp_async
n_hdlc
ppp_synctty
ppp_mppe
bsd_comp
ppp_deflate
ppp_deflate
ip_gre 

 

6./etc/rc.d/ra.local

 以下を追記。iptablesでTCP1723(PPTP制御ポート)、47(GRE)を受け入れ可能にする必要があるのと、モジュール関係を起動時にロードするため。pptpdの自動起動も。

#pptpd
/usr/local/sbin/pptpd &

#/etc/modules.conf
/sbin/modprobe ppp_generic
/sbin/modprobe ppp_async
/sbin/modprobe ppp_synctty
/sbin/modprobe ppp_mppe
/sbin/modprobe bsd_comp
/sbin/modprobe ppp_deflate
/sbin/modprobe ip_gre

#IP_FORWARD enabled
echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
/usr/sbin/iptables -A INPUT -p tcp --dport 1723 -j ACCEPT
/usr/sbin/iptables -A INPUT -p 47 -j ACCEPT

#modules
/sbin/modprobe ip_tables
/sbin/modprobe iptable_filter
/sbin/modprobe ip_conntrack
/sbin/modprobe iptable_nat
/sbin/modprobe ip_nat_ftp
/sbin/modprobe ipt_state
/sbin/modprobe ipt_MASQUERADE

これで全て完了。

 

 大変だったのはPPP周りで、ppp-2.4.1以前はMPPEにデフォルトで非対応のため、対応パッチを当てなければいけなかった。これが上手く動かず……。最新のppp-2.4.2だとデフォルトでMPPEに対応しているがこっちも上手く動かず……。結局開発版で落ち着いた。

 プロセッサパワーが貧弱なせいか、PPTP接続時のスループットは1.6Mbps程度。このマシンは実家用のVPNゲートウェイマシンにする予定で、実家はADSLで実効速度が1.5Mbps程度。十分である。

 次はIPSecゲートウェイ機能を持たせるか……。


←前のページに戻る


Navigate through the articles
■200401ログ■ Next article
The comments are owned by the poster. We aren't responsible for their content.
XOOPS Cube PROJECT
Powered by Mythril Networks © 2003-2022 The Mythril Networks Project